きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~


カテゴリ:くるみ( 175 )



一年

b0027259_19180536.jpg
今日はくるみの一周忌でした。
夕方5時過ぎに亡くなるまでの事を色々思い出していました。

具合は大分悪そうだったけど、午前中にはその日亡くなるなんて夢にも思っていませんでした。
いえ、亡くなるその一瞬まで思っていませんでしたから、本当にびっくりしました。

飼い主ばかですが、写真を見てると本当に可愛い子だったなぁと思います。
もっともっと一緒にいたかったなぁ。

あちらの世界でもきっと毎日楽しく暮らしていることでしょう。
それに関しては本当に心配のいらない子でした。


それにしても、保護してくれた麿主姉妹さんと私と、三人揃っているところで逝ってしまうなんて、本当によくできた子でした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by kupukupu04 | 2014-05-05 19:26 | くるみ | Trackback | Comments(4)


ちぎれるほど

iPhoneの写真の中に有ったので、YOUTUBEに保存。

『ちぎれるほどシッポを振る』という言葉通りのくるみです。



散歩途中に時々寄った美容院が、月曜日でお休みなのに中に入りたがってます。
人の気配がしないのがわからないのかな。

知り合いに会うといつもこんな風にシッポを振って、「ちぎれるちぎれる」って言われました(笑)
[PR]
by kupukupu04 | 2013-08-03 08:16 | くるみ | Trackback | Comments(2)


四十九日

三日間降り続いた雨がやっと止みました。

雨が降り始める前はカンカン照りの真夏日が続いていましたが、昨日からぐっと涼しくなりました。
季節逆行してるような。

今日はくるみの四十九日でした。

とは言っても、くるみはもうとっくにあちらの世界で楽しく過ごしていそうです。

シーザー・ミランが言うように、この世に未練を残すこと無く。


今年2月6日のくるみ。 舌がちろっと^^
b0027259_2248512.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-06-22 22:54 | くるみ | Trackback | Comments(2)


くるみが大好きな人

今夜くるみが大好きだった人が来てくれました。

くるみの美容院のお兄さんとお姉さん。

ホテルもしているので、4月の初めに私が東京に行った時には3泊お世話になりました。

悪さしないかドキドキだったけど、そんな事もなく、くるみは預かりやすい子だと言ってもらったので、これからはまたお泊まりの方でもお世話になろうと思っていました。


くるみの死を早く連絡しなくちゃと思いながら、なかなかできず、昨日やっとお手紙を出したら、今日すぐに来てくださって、私が知らないトリミング中の様子など聞かせていただきました。

耳掃除や爪切りなど嫌な事されると、体は逃げるんだけど、シッポはぶんぶん振ってたそうです。

くるみらしい(笑)

綺麗なお花もいただきました。
b0027259_8391456.jpg



くるみ、良かったね。
[PR]
by kupukupu04 | 2013-06-19 22:38 | くるみ | Trackback | Comments(0)


一ヶ月

くるみが逝って一ヶ月経ちました。

不思議な感じ。

約20年ぶりの犬のいない生活に慣れる事ができるかと思ったけど、もう慣れてしまってるような・・・

犬との散歩の無い生活なんて、と思ってたけど、それが普通になってしまってます。

順応性高すぎ?

くるみの使ってたタオルや毛布は洗って片付けたけど、まだケージとトイレは片付けられないでいます。

b0027259_21545720.jpg



くるみの笑ってる写真が有りません。

はなは有るのに何故?

そう、くるみはいつも動きすぎでそういう写真はブレブレで残ってないのでした(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-06-05 22:16 | くるみ | Trackback | Comments(4)


5月5日朝~

前日病院で発作が起きたからと入院を中断して帰ってきたくるみでしたが、家では発作は起きませんでした。

ちょっと引きつけのようなものが起きた時が有ったけど、抱いて頭から背中を撫でているとすぐに治まりました。

この日は一人で病院へ連れて行くのが不安になり、Mちゃんに付いて行ってもらいました。

病院へ着いてから診察まで、多分1時間くらい有ったかと思いますが、その間にくるみは3度も下痢をしました。

その度に看護師さんがくるみの汚れたお尻周りを拭いてくれましたが、二回目からは「余り拭くと痛くなると思うのでさっと拭いておきますね」と言われました。

下痢便と言っても、二回目は形の有る便でした。

くるみの鼻水は気管支炎ということでした。
下痢も気管支炎も降圧剤やステロイドによるダメージという事でした。

その日も半日入院して、降圧剤、ステロイド、免疫抑制剤の投与が予定されていました。

そして注射や点滴が無く、口から入れるしかない薬が有るのだけど、くるみはもう誤嚥の心配が有り口から入れられないので、鼻に管を通して直接胃に入れると言うことでした。


お迎えの時間はいつもより少し早く4時ごろに、と言われました。

お迎えの時はEちゃんも来てくれて、3人で。


まだ何か処置が終わっていないのか、随分待たされてやっとくるみに対面した時、その姿に驚きました。

鼻に管が通され、その先端は首に固定されていました。

確かに鼻から薬を入れる話は聞いていましたが、まさかそのままの姿で固定されているとは思っていませんでした。

こうしていると、家でも投薬ができ、投薬回数が増やせるから、という説明でした。

そして見た目は可哀そうだけど、くるみ自身はこの管が痛かったり、苦しかったりはしないのだということでした。
その時のくるみは時々とても息が荒くなり、苦しそうでした。

私はその姿を見て、駄目だ、ここまでしちゃ駄目だ、と思いました。

くるみと別れたくないという私の欲でこんなに無理させてしまった。

無理をさせても少しでも良くなっているのならともかく、薬の効果は全く出ていなくてダメージばかり増え、その対処の為に薬がまた増える。

くるみの小さな体の中は薬まみれ。

もうこれ以上しちゃ駄目だ。

くるみはもう十分過ぎるくらい頑張った。

本当に頑張ってた。

くるみ、もういいよね。ここでやめよう。

私は泣きながらEちゃん、Mちゃんに「もうやめてもいい?」と聞きました。

ふたりも泣きながら、私が決めて、と言ってくれました。

それからまだ少し迷いましたが、意を決して管を外していただくようお願いしました。


一旦奥に連れて行かれたくるみが戻ってきたとき、まだ前足に点滴用の針が装着されたままだったので、それも外していただきました。

これでもう病院に来ることはなく、家で静かに看取ることになるのだろうと思っていた私に、先生は「明日、ステロイドの注射だけでもしにきてください。待たずにすぐできるようにしますから。」と言われました。

明日の朝の様子を見て、連れてこれそうだったら来ます、と言って診察室を出ました。


支払いをする間、待合室のベンチに寝かしていたら、くるみが「あ~」と声を出しました。

このところ、そういう声を出すときは便を出したい時なので、見てみましたが違いました。

今から思えばそれがくるみのお別れの言葉だったのかもしれません。

支払いに少し時間がかかって、やっと帰れることになりました。

Eちゃんたちが、運転を変わろうかと言ってくれましたが、まさか家に帰るまでに何か起こるとは思ってなかったので、私が運転し、後部座席にくるみとMちゃんが乗ってくれました。

そして、それから多分5分くらい後、Mちゃんがくるみが息してないみたい、と言ったのです。

本当に余りにも急なことで驚きました。

病院に戻ると看護師さんや先生がすぐに出てきてくるみを連れて行きました。

診察室で死亡を確認してもらうと思っていましたが、ずっと奥の方へ連れて行かれ、私たちは待合室で待つように言われました。

まさか!蘇生とかするのでは?と思って、慌てて奥に入っていき、そこにいた先生に「蘇生は結構ですから、本当に死んでいるのか確認していただくだけで」とお願いしました。


暫くして、奥の部屋に呼ばれました。

そこは初めて入る部屋でしたが、スリッパに履き替えて入るようになっていました。

そして「心肺停止です」と言われました。

「蘇生もできますが?」と言われましたが、お断りすると「綺麗にしてあげても良いですか」と言ってくださったのでお願いしました。

くるみは午前中に下痢をしたので、お尻周りが汚れていたと思います。

待合室で待ってくるとドライヤーの音が聞こえてきたので、綺麗に洗ってくださったようでした。

そしてダンボールでできた棺のようなものに入れられてくるみが戻ってきました。

本当に綺麗にしていただいて、そして首に可愛いピンクのお花の飾りをつけていただいていました。


可愛い可愛いくるみ。

本当はくるみに謝りたいことがいっぱい有るよ。

ごめんね、って言い出したらキリがないくらい、いっぱい。


でも、やめとくね。

それより、やっぱりありがとうって言いたい。

うちの子になってくれてありがとう。

はなの妹になってくれてありがとう。

こんなに短いとは思ってなかったけど、楽しい時間をありがとう。

私と一緒にいてくれてありがとう。


くるみが大好きだった人たちもくるみとのお別れを悲しんでくれたよ。

くるみの想いは一方通行じゃ無かったんやね。

お空の上でもくるみは皆に「好き好き、会えて嬉しい~」って言ってるのかな。

きっとそうよね。

朝、起きただけですっごく嬉しそうだったくるみ。

起きただけでそんなに嬉しいなんて本当に幸せやねぇ、と半ば呆れてたけど、私もくるみを見習って朝起きたら嬉しい~、毎日が楽しい~っていうふうに生きて行こうと思うよ。

またいつか会える日まで、くるみみたいにご機嫌で生きて行くね。

まだ色々思い出して涙が出る時も有るけど、それくらいはいいよね?

しばらくの間、バイバイ。


*******************************************

稚拙でやたらと長い文を最後まで読んでくださった方がありましたら、ありがとうございます。

いただいたコメント全てにお返事できなくて申し訳ありませんでした。



***********************************************
[PR]
by kupukupu04 | 2013-05-18 23:02 | くるみ | Trackback | Comments(6)


5月4日夜から5月5日朝にかけて

5月4日、入院をやめて連れて帰る時、くるみの鼻のあたりがぐふぐふ鳴っていました。

口から入れるタイプの降圧剤を入れたので少し気管に入ったかも、という事でした。

入っても少量だからすぐに治るでしょう、肺炎の危険性より脳炎の治療を優先させました、と言われました。


帰ってたらすぐにEちゃん、Mちゃんが来てくれました。

くるみはほとんど意識朦朧でしたが、立ちあがったときがあり、水を口元に持っていくと自分で飲みました。

Eちゃん、Mちゃんが帰ってから、ぐふぐふがもっと酷く、ごぼごぼという音になってきました。

誤嚥性肺炎では無いか?と不安に。

吐きたそうにしているものの、力が無いようだったので、くるみを抱き上げ頭を下にしてみると、粘り気のある透明な水が出ました。

ごぼごぼという音が一旦治まりましたが、またしばらくすると鳴りだしたので、もう一度同じように抱き上げて逆さにしてみるとまた水が出ました。


病院から何か有ったら電話するようにと教えていただいてた携帯番号に電話して様子を説明したら、体を少し高く、頭を低くして寝かせてあげてと言われました。

そうすると、今度は口からではなく、鼻から粘り気のある水が出ました。


暫くして、日付が変わったころから今度は粘り気のある鼻水がたくさん出るようになりました。

このところずっと意識朦朧として寝ているようなくるみでしたが、この時は鼻水を出すのに力がいるのか、目を開いて、眠れないようでした。

たくさんの鼻水が出ると一旦は楽になるようでしたが、またすぐに出ます。

少し前に自分の為に買った高級なティッシュが役立ってくれました。

鼻水が出たら拭いてやり、そのあとは背中をさすってあげて、また鼻水を拭く。

こんな事が朝6時半か7時前くらいまで続きました。

くるみも眠れなかったけど、私も生まれて初めて徹夜っていうのを経験しました。

7時頃からか、鼻水がほとんど出なくなりましたが、出す力が無くなっていたのかもしれません。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-05-15 22:49 | くるみ | Trackback | Comments(0)


くるみの脳のMRI画像

くるみの検査結果の説明を受けた時のこと。

くるみの脳のMRI画像が画面に出ていて、先生が「明らかにおかしい」と言われましたが、私は正常な脳を見たことが無かったので、どこがおかしいのかわかりませんでした。

次に同じダックスの正常な脳の画像を見せてくださいました。

その子は脳の病気を疑われてMRIを撮ったのですが、脳に異常が無く、てんかんと診断されたそうです。

丸い脳の周りに溝のようなものがたくさん有りました。
それがいわゆる脳のシワだそうです。

もう一度、くるみの画像を見ると、くるみには全く溝がありません。
ただ丸いだけです。

これは脳がパンパンに腫れていて溝が伸びきっている状態だそうです。

それを見て、ああ、こんなに脳が腫れているならどんなにしんどいだろう。
可哀そうに、本当にしんどいだろう、と思いました。

その病院でも脳圧を下げる降圧剤とステロイドを投与してくださったそうです。
それが効くのを祈るしかありません。


MRIを撮った翌日、5月4日の朝のくるみは随分ぐったりしているようでした。

こんな状態で病院へ連れて行っても良いのだろうか。

家で安静にさせてあげておいた方が良いのではないだろうか。

迷った私は千里の病院へ電話しました。

先生が診察中のため、後で電話をくださるとのこと。

先生は「すぐに病院へ連れて行ってください。」と言われました。

「まだ、望みはあります。

1週間前にくるみちゃんとそっくりの症状の子(マルチーズとおっしゃってたと思います)が来たんですよ。
そっくりでびっくりしたほどです。

その子は入院二日目で薬が効いて、今は走り回ってますよ。

でもその子は発症2日で来ました。

くるみちゃんは1週間経ってるので厳しいけど、望みはありますから、必ず病院へ連れて行ってください。

(今までくるみが受けていたような)半日入院ではなく、できれば一日入院で24時間点滴の方が効果があります。」と。

・・・・でも、くるみのかかりつけ病院は夜は無人になります。(千里は24時間医師がいるそうです)


一旦電話を切ってから、「入院させるなら、千里の病院にさせてもらった方が良いのじゃないか?」と思い、また電話。

やはり先生が診察中で、後でお電話くださいました。

私の気持ちはわかるけど、一旦かかりつけ病院と話してからまた連絡してくれる、とのこと。

次の電話で、やはりかかりつけ病院で治療を受けるように、と言われました。

理由は、急に具合が悪くなることが有り、その時千里では遠すぎて間に合わないかもしれないから、と言われました。


かかりつけ病院に行き、千里の先生のお話をし、その日は一日入院させてもらう事になりました。
夜中にも先生が見に来てくださると言ってくださいました。


ところが、夕方の6時頃。
友達と電話で話していたところ、携帯が鳴りました。
出ると病院からで、入院の予定だったけど、さっき痙攣が起きて具合が悪いので迎えに来てもらった方が良いと思う、6時半から7時くらいに迎えに来て、ということでした。


迎えに行く用意をしながら、その時初めてくるみの保護主EちゃんとMちゃんにメールしました。

前からくるみを二人に会わせてあげたいという気持ちはありました。
でも、意識が朦朧としていて会ってもわからないだろうし、こんな状態のくるみを見るのは悲しすぎて嫌じゃないだろうかと思い、連絡していませんでした。

でも、そんな事言ってる場合じゃない、もし二人が嫌じゃなければ会ってもらおう。

すぐに返信が来て、病院から帰ってきたらすぐに行くと言ってくれました。


そうして前にも書きましたが、くるみはやっぱりぼ~っとしていて顔の表情は変わらなかったのに、シッポがくるんと2回動きました。

嬉しかったんだなぁ。もっと早く会わせてあげれば良かった、と思いました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-05-14 23:05 | くるみ | Trackback | Comments(0)


いざ、千里へ

前回の続きです。

我が家より更に南に位置するくるみのかかりつけ病院からMRIを撮っていただくことになった吹田市の病院まではかなりの距離があります。

しかも、ご存じの通り私は普段ご近所周りしか運転しません。

高速で大阪市内を通りぬけもっともっと北部の千里(せんり)へ。

高速で大阪市内をず~っと昔に一度だけ通った事ありましたが、その時の印象は「無法地帯」(笑)

またあの無法地帯を通るのね、とちょっとドキドキ。

道も全然わからないけど、それはナビ様にお任せ。

ナビ様は時々大嘘をおつきになるけれど、どうか今回は大嘘つかれませんようにと祈りつつ。

病院から5分も走れば高速の入り口。

余程私が初心者に見えたのか、料金所のおじさんが「どこまで行かれます?」と聞いてくださいましたが、私の答えは「よくわからないんです。千里の方です」

というと、何やら地図をくれて、どこどこで降りて~~と説明してくださいました。

が、すみません、そのどこどこがどこなのかさっぱり分からないので、やっぱりナビ様にお任せいたします。


くるみがぐったりするようになった28日以来、キャリーにはいれずに車に乗せていました。

その日もそうだったのですが、何故か高速を走行中にごそごそと起きだすくるみ。

トイレなのか?吐きたいのか?

わからないけど、とにかく今は止まれないのよ~、とくるみを左手で押さえ、右手だけで運転。ひえ~。

背中をさすっているとおちついたようだったので、そのままさすりながら、更に右手だけで運転。ひえ~。


そんなひえ~も有りましたが、ナビ様のご機嫌も麗しく、無事に病院へ着きました。

建物がとても綺麗です。

受付の方も良い感じの方でした。

くるみが喉が渇いてるのじゃないかと思い、水を飲ませたいのですが、というと「MRIを撮るので水は・・・」と言われました。
そうでしたそうでした。知ってたのに、うっかりしてました。

しばらくすると、2階で待つように言われ、エレベーターで2階へ。

またしばらくして、診察室から呼ばれました。

今までの経過を先生にお話しして、くるみは看護師さんに奥へ連れて行かれました。

その後、血液検査の結果が良くても、脳の病気が有る場合麻酔は非常に危険で、検査中に死ぬ場合もありますが、どうします?と言われました。(これは前にも書きましたが)

ちょっと迷いましたが、今のままではくるみは苦しいだけ、もしMRIではっきり病気が分かって治療ができればくるみが苦しくなくなるかもしれない、と思って決断しました。

でも、そんなに危険だと思ってなかったので、このままお別れになってしまっては嫌だ!と思い、先生に「もう一度会わせていただけませんか?」とお願いしました。

先生は「いいですよ」とおっしゃり、奥へ行かれました。

看護師さんが連れてきてくださると思っていましたが、その先生がエリザベスカラーをつけられたくるみを抱いてこられました。

その、抱き方が。

それはそれは大事そうに、優しく抱いて連れてきてくださったのです。

私は本当に感動して、良かった、くるみ、この病院へ来られて、この先生に診てもらえて本当に良かったね、と思いました。

診察台に乗せられたくるみはさっきより少し意識がはっきりしているように見えました。

頭を撫でて、「くるみ頑張ってね。」とエールを送り、別れました。

先生は、「くるみちゃんだけが特別に危ないという訳じゃありませんよ。皆さんに同じお話をしてますよ」と言われました。

検査は8時くらいまでかかると言われていましたが、私が呼ばれたのは9時頃でした。

検査結果を説明してくださったのは、また違う先生で、画像診断専門の先生ということでした。

その先生の判断で無麻酔でしていただけました。


さて、この後、もう真っ暗な中、怖~い高速でまた帰ったのでした。
くるみは疲れたのかずっと大人しく寝てくれていたので、昼間のような危険はありませんでしたが。

ナビが「この信号を右です」って言うときは良いんですけど、「もうすぐ斜め右方向です」とか言うの、よくわからなくないですか?

斜め右ってどっち~~??みたいな。


無事に帰ってこれたのは、11時くらいでした。
くるみは水をたくさん飲み、おしっこをして寝ました。

かかりつけの先生に帰ったら遅くても良いから電話で結果を教えてほしいと言われていたので電話しました。

こうしてくるみにとって長い一日が終わりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お花が増えました。ありがとうございます。
b0027259_23111981.jpg


私へといただいたお菓子も供えました。

こんなに短い生涯ならば、こういうお菓子を少しくらい食べさせてあげれば良かったなぁ、と思うけど、もう一度やり直すことができてもやっぱり食事制限するかもしれないなぁ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-05-10 23:14 | くるみ | Trackback | Comments(2)


MRI、本当は明日でした

心と時間の余裕が無くて書けなかったことを、思い出すまま書きたいと思います。
自分の想い出のために、そしてもしかしたら誰かのお役に立つ情報もあるかもしれないと思って。


4月26日金曜日から病院通いが始まったくるみ。
いつもの病院がゴールデンウィーク中も午前中は診察がありました。


ヘルニアだろうということで治療が始まりましたが、はじめからこういう症状はヘルニア以外に脳の病気の可能性も有るというお話は聞いていました。
ヘルニアはCTで見れるけど、脳はMRIでなければいけないけど、ゴールデンウィーク中なので予約が先になると思います、と言われました。

そして脳の疑いが濃くなってきた5月2日にやはりMRIが必要だから、ネオベッツVRセンターか大阪府立大学獣医臨床センター(はながMRIを受けたところ)のどちらか早くできる方に予約とりますと言われ、取れたのが、5月9日(VRセンター)ということでした。


2日から9日。1週間も有る。
ゴールデンウィーク中に病気になるなんて、なんて運の悪い子なんだろう。

くるみ、それまでもつだろうかという不安がありましたが、仕方ないと思っていました。
大阪にはVRセンターと府大にしかMRIが無いと思っていたのです。

ところが「もっと早くとれるところは無いの?」とメールくれた友達に「無いの」と返信した後、調べてみると有るじゃないですか。他にも。

しかも、ゴールデンウィーク中も通常通り診察、検査しているという病院が二つ見つかりました。
そのどちらかに直接行こうか、とも思いましたが、既に投薬を始めていて、その薬の名前がわかりません。

やはり主治医に相談する方がいいと思って、翌朝の診察の時に、この二つの病院のどちらかを紹介していただけないかとお願いしました。

先生「それはMRIの時期を早めたいということですか?」

私「はい、一週間もこの子がもつか心配で」

先生「聞いてみますが、ゴールデンウィーク中なのでやってるかどうか」

私「やってるってHPに書いてました」

先生「では、連絡とってみます」

私「お願いします。明日にでもできますようにお願いします」

というやりとりがありました。

そのあと、くるみは半日入院で治療を受けるため、私ひとりが家に帰って遅いお昼ごはんを食べていた1時半頃病院から電話がありました。

「千里桃山台動物病院に連絡を取ったところ、今から出てもらえば夕方の診察で見れると言ってくれてますが、どうしますか?」
「行きます。すぐ行きます」

ということで、くるみを迎えに行き、千里に向かいました。
結果、すぐに診ていただけたし、無麻酔でしていただけたし、病院は良い雰囲気のところだったし、くるみは決して運が悪くない、むしろ良いかも、と思いました。

悲しいことに9日までもつか、という私の不安が的中してしまった訳ですから、9日まで待たなくて良かったです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kupukupu04 | 2013-05-08 23:00 | くるみ | Trackback | Comments(0)

    

今はお空の愛犬はな、くるみのお話。そしてやんちゃなダックス男子クッキー&マロンのお話。
by kupukupu04
最新の記事
マロンの寝言
at 2017-04-29 22:06
今日も監視中
at 2017-04-28 22:26
真剣!!
at 2017-04-27 18:34
のどかな光景
at 2017-04-26 22:38
遊び倒した日 完結
at 2017-04-25 21:46
最新のコメント
☆pitipitibea..
by kupukupu04 at 23:20
こわい・・・。 ひ..
by pitipitibeach at 17:40
☆レオママさま☆ わあ..
by kupukupu04 at 22:27
うわー、なんとUSJです..
by yotsuba-leo at 20:23
☆むうさま☆ ええ?そ..
by kupukupu04 at 21:57
こんばんは USJ..
by muu.ykm69 at 21:54
☆pitipitibea..
by kupukupu04 at 21:32
あえてチャレンジするとこ..
by pitipitibeach at 15:06
☆むうさま☆ おむつ!..
by kupukupu04 at 21:10
おむつの上で くつろぐの..
by muu.ykm69 at 20:49
フォロー中のブログ
ブーゲンビリアnote
ぶつぶつ独り言2(うちの...
小さな手紙
mur mur diary
うさんぽうさこBlog
ブログヨコハマ
新世界遺産への道~他とは...
あんずのお気楽香港生活
小さな手紙2
おしかちゃん
あいの気まぐれ日記
レオと幸せ探しワンコの日記
きょうのできごと
犬連れへんろ*二人と一匹...
あーちの日記
☆オイラレオ☆
** tack **
* はちみつ日記 *
小梅のブツブツ雑談日記
写真撮影報告書
ジロと花の散歩道
チャッピーの独り言
にゃーにゃー戦隊☆ねこだまん
ビバ!ゆるゆる生活
華鈴 の blog
Happiness to...
HANA はな OHANA
ジロと花の散歩道②
わんぱく歓とおとぼけママ...
犬的生活&猫的生活
カンタとハンナ
「あひもかはらぬ」日々
Ruby's
OURHOME
-
バビルー日記
まんまるボス外伝
Lavender no...
ややコロ日記
peddyのくまちゃん ...
mon blog
おひとりさまの食卓plus
片付けたくなる部屋づくり
復活!あいの気まぐれ日記
marico's fam...
田中の日曜日記
○o。ちょっといっぷく。o○
KIKIブログ
ひとりぼっちランチ
merci
*chocoholic*
Teddyのごはん
ずっと一緒に歩いていこう
マクロパパの写真ブログ
IEbiyori
ジロと花の散歩道③
喋々喃々
犬とのんびり田舎暮らしの...
ジャックの手作りごはん
ユチョンに夢中
うちの子は自閉症
毎日が微笑みを
犬が西向きゃ尾は東♪
結局ただの犬バカです。
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
最新のトラックバック
ドガログサービスの終了反..
from 草仏教ブログ
大阪にて・・・
from ブログヨコハマ
似合うかしら?
from 北海道犬マリの散歩道:なるな..
お久しぶりです!
from 岩瀬労に言わせろう!
ひとり遊び
from 小さな手紙
キャッチフレーズ
from ビバ!ゆるゆる生活
「ハリー・ポッターと炎の..
from 小人閑居日記
竹富島
from ハイサイ沖縄
安上がりに遊ぶ猫w
from 親ばかですヨ?
ポチ!
from ことばの花束*
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧